子供服セレクション

子供服の選び方のポイント「サイズ」

子供服の選び方のポイントは、できるだけジャストサイズを購入することです。子供の成長はとても早く、かわいい子供服を買ってもすぐにサイズアウトしてしまうのでもったいなくて、つい1・2サイズ大き目の洋服を買ってしまう方が多いと思います。大きくて袖を折り返したり、裾をまくったりしても、全力で遊ぶ子供の動きにつられてほどけてしまい、引きずったり引っ掛けたりして子供の動きの妨げになってしまったりするケースを良く見かけます。結局汚れてしまって、本来のサイズに成長した頃には生地が傷んで着られなくなっていたりすることもしばしばあります。どうしても来年も着たい場合の子供服の選び方は、ジャストサイズの良く伸びる素材を選んだり、大きいサイズの7分袖や半端丈のアイテムを選ぶことがポイントです。またメーカーやブランドによって同じサイズでも大きさが異なりますので、店舗で購入するときは試着したり、通販で購入するときは「(ブランド名)、サイズ感」で検索して情報を集めることが大切です。

良い物を安く手に入れる子供服の選び方

人間はある程度成長すると身長や体格がストップしますから、大人になってから購入した洋服というのは、数十年着られることもあります。
しかし、子供服の場合にはそうはいきません。成長すると着られなくなってしまいます。どうせ何年かしたら着られなくなってしまうのであれば安い洋服を購入する、という選び方もありますが、長年着られないとしても、かわいい洋服や高級な洋服を着せたいと考える人もいるでしょう。
そういった人の場合には、ブランド子供服を購入するというのも選び方の一つですが、高価ですからなかなか手を出しにくい時もあるでしょう。
そこで役に立つのが中古ショップでの購入で、さまざまなブランドの子供服を数万点も販売している大型店もあります。
なお、中古のアイテムがあるということは、それを売る人がいるわけで、着なくなったブランド子供服は買取サービスを利用して処分すると良いものです。人気のブランドともなると、数千円、スーツの場合には数万円の買取価格になることもあります。

おすすめWEBサイト

相続税 費用

Last update:2019/2/1