子供服セレクション

子供服におすすめの収納方法

子供服は、子供の成長に合わせてどんどんサイズアウトしていくので、常に在庫管理を徹底しておかなければすぐに収納場所が足りなくなってしまいます。まずは今どんな服を何着持っているのかを見渡せるようにしてみましょう。
全体を俯瞰するにはすべて吊るしてしまうがおすすめです。すべての服をハンガーにかけて並べることで色や柄も把握することができ、同じような服を何着も買ってしまうことがなくなります。洗濯物をたたまずに収納できることで子供が自発的にお片づけしてくれるようになるというメリットもありますよ。クローゼットなどがあればいいですが、場所がない場合は押し入れやタンスにレールを取り付けると簡単に収納場所を作ることもできます。 もう一つ子供服の管理で、お下がりの服をいただく機会がよくあるという方も多いのではないでしょうか。お下がりの服の中にはサイズもいろいろですぐに着るものや数年先に着るものもあるでしょう。そんなときはカラーボックスなどをお下がり専用の収納ボックスとして用意し、透明のジッパー袋に入れてサイズを明記したものをそのサイズごとに分ければ管理が楽になりますよ。

子供服の収納には箱を使おう

大人の洋服と比べるとかなり小さい子供服の場合、効率よく収納すると、引き出しの中に本当にたくさん収まってくれます。しかし片付くからたくさんあってもOK、となると、着ないものが引き出しの奥にグッスリ眠ってしまったり、季節ごとに入れ替えが大変になってしまったり、あまりよくない循環を引き起こします。
引き出しに仕切りを入れる、ピッタリサイズの箱を入れるなどし、あえて量が増えないようにするのがお勧めです。
例えば子供の靴下、とっても小さいですよね。何かに紛れてなくなっちゃった、なんてことにならないように、靴下用の箱を用意しましょう。Tシャツもパンツも、箱で分けてしまうとわかりやすいし取り出しやすいです。たくさん詰め込んでしまうと、奥で横に逃げたりしてゴチャッとしますが、箱を入れると列から逃げ出すこともありません。
子供服は、お子さんによってはお気に入りがたくさん着まわされ、あまり着ないものも出てきます。そう言ったものの判断も、整理されているからこそつくものです。収納を制限する、と言う方法の利点でもあります。

Favorite



Last update:2019/3/19