子供服セレクション

親子に優しい子供服は生地で見分ける

二つの事柄を両立させることは、どの分野においても容易とは言えないのが現実です。子供服に限って考えると、機能性と着心地が判断基準として上げられます。保護者からしてみれば、何度も新調する手間を省くために破れにくい生地が使われている一着を選択しがちです。一方の子供の目線では、肌触りが良くデザイン性にも優れているものが良いと判断する傾向があります。片方の基準で子供服を選んでしまえば、もう一方の要求を満たすことが難しくなります。とは言え、最終的な着地点を決めなければ選定が終わりません。
折衷案として有効なのは、子供服の生地に的を絞って考えることです。保護者と子供がそれぞれ期待している事柄は、生地次第で両立する可能性があります。耐久力の高さを求めている保護者にとっては、何度も重ねて編み込まれて製作された一着であれば要求を満たしていると言えます。一本が細くて切れやすい生糸でも、多くを一箇所に重ねれば耐久性が増すからです。また、着心地の良さを重視している子供にとっては通気性に優れた一着が適しています。子供服の着用者は、体温調節機能が保護者ほど万全ではありません。通気性を第一に考えられた生地が用いられている一着であれば、着心地の良さを堪能できます。

年齢に応じた子供服の選び方

子供の年齢に応じて毎年買い換える子供服。
実際に買うとなるとどの時期にどんなポイントで買ったらいいのか迷いますよね。
成長も早いのであっという間に着ることなくなってしまうことを考えて購入しなければなりません。
子供服は普段着用とお出かけ用と分けて購入することが大切です。
そして先々のサイズを買うよりもその時に切れる本当に必要なものを購入したほうが、サイズが合わなくて時期を逃したなんてことはないでしょう。
季節と子供の大きさを考えて着逃すことがないようにすることが大切です。
普段着用には汚しても良いようなお手頃な値段のものを選んでお出かけ用に少し良いものを何着か買っておくと、汚して帰ってきても怒らずに仕方ないかと諦めることもできます。
子供は遊ぶことが仕事でもあるので、服を汚してしまうことは仕方ないのです。
そこで怒ってしまうととてもかわいそうですよね。
最近では安くてもとてもおしゃれなものやママとお揃いできるものもあってかなり楽しむことができるでしょう。
季節ごとに2、3着お出かけ着があると困らないと思います。
このように最初にまとめて買いすぎず、必要になればその都度買うようにすると無駄がなく買えて良いと思います。
その年代に合わせて買い方を考えることも大切です。


Favorite





最終更新日:2019/7/31